W610Q75_73

IHクッキングヒーターが昔に比べて普及し始めたとはいえ、今なお日本の台所事情ではガスレンジを使っている人が大半だと思います。火力も強くて便利ですよね。

しかし、これだけガスレンジを使い慣れている人が多いのにもかかわらず、火の不始末やガス漏れなどの事故もいまだに多いのも現状のようです。使い方さえしっかり知れば効率よく安全に使うことができる調理器具なんですけどね。

今回はガスレンジの正しい使い方、さらにムダを省いた賢い活用方法をご紹介したいと思います。

・ガスレンジ事故は大半が手入れミス

吹きこぼれや油ハネ、焦げ付きなどガスレンジのお手入れってちょっと面倒。でもだからと言ってそのまま放置したものが実は事故の原因になっているのをご存知ですか?

最近のガスレンジには火元に必ず温度センサーがついていて、異常な高温を察知すると自動消火するしくみになっています。火が出るバーナーの部分や受け皿、ごとくの周りに掃除されてない油脂などが残っていると、温度センサーが正常に働かず発火したり、油脂に引火したりするのです。

魚焼きグリルもそうです。ベトベトやニオイが嫌で掃除しないまま使っていると、残った油分が高温になり発火することもあります。

このブログでもたびたびお伝えしていますが、汚れは放っておくのが一番ダメ。気づいたらすぐにキレイにするのを心がけることが、事故を防ぎ、面倒な大掃除を防ぐことにつながるんですね。

また、ガスの通るゴムホースを魚焼きグリルの下に通してしまうと、グリル使用時に熱でホースが溶けガスが漏れ出すという事故もあるそう。通常はガス屋さんが安全に繋いでくれるゴムホースですが、日頃の管理にも気を配りたいですね。

・火力が強すぎるのはムダ

ガスレンジは商品ごとに最大火力が異なっていて、最近では超強火力をうたうものも販売されています。確かに火力が強いと料理の幅が広がってすごく便利です。ただし、その火力を受け止めるだけの鍋やフライパンを使っていなければ最強火力も水の泡なんですよ。

カスレンジの火を一番強くした状態で鍋やフライパンを乗せてみてください。底のフチから青い炎がはみだしていませんか?このはみだした炎はいわゆる「ダダ漏れ」状態。熱を伝えるのに使われることのないムダな火なんです。

飲食店の厨房にあるような大きな中華鍋や寸胴鍋など、火の強さをもれなくしっかり受け止められる鍋やフライパンでない限り、底からはみ出さない程度の火力が最も効率の良い最大火力ということになります。

そう考えると一般家庭にある鍋やフライパンの大きさで、ガスレンジの火を最強にして使う場面はほとんどないわけですね。意外と知られていない事実です。

・フタを有効活用して余熱で調理する

煮込み料理などはある程度煮立ったらそこで火を止め、余熱で調理すると具材がより柔らかくなります。焼き料理も両面に焦げ目がついたらフタをして余熱で蒸すイメージ。外側をしっかり焼いて旨味を閉じ込め、あとは放置で熱を通せば火の通りすぎによる硬さを防ぐこともできます。

圧力鍋を使用するのであればなおさら、余熱調理がカンジン。出てくる蒸気がMAXになったくらいで火を止めても、圧力が下がるまでの間に具材にしっかり熱が通りますから、ムダに長々と火を付けておく必要はありません。

ムダなガスを使わないという意味でも、放置するだけでOKという意味でも、余熱調理は時短キッチンのマストアイテムです。

ガスレンジの使い方いかがでしたか?最新式のガスレンジはいろいろな機能がついていて楽しめるようにもなりました。ガスレンジを上手に使って料理のレパートリーを広げられると楽しいですよね!