W610Q75_74

料理にスパイスを効かせると、お店で食べるような本格料理に思えてくるのはなぜでしょうね?(笑)ちょっとひと振りしただけなのに、香りがよくて食材の味を一層引き立たせてくれるスパイスは、いくつか持っているとすごく便利です。

中でも100円ショップのスパイス類のラインナップはちょっとしたスパイス専門店並み。今回は何といっても値段が手頃な100円ショップで買えるスパイスのおススメ5つをご紹介したいと思います。

【あらびきガーリック】

筆者御用達スパイスです。使う量が多いので何本かストックしておくこともあります。いつもの料理にパパッと振るだけで食欲のわく香りが漂うところがたまりません。炒め物、肉料理、ラーメンにうどんまでなんでも振りかけるほど愛用中です。

パスタだったら手軽にペペロンチーノが作れます。オリーブオイルに鷹の爪、あらびきガーリックをお好みの量で合わせたものを電子レンジでチンし、ちょっと強めの塩で茹でたパスタと茹で汁をよく混ぜ合わせるだけの簡単レシピです。

味見をして、塩加減はお好みで調整してもいいかもしれませんね!

【パセリ】

たとえば市販のカップスープ、コーンポタージュをちょっとこじゃれたお皿に盛り付けパセリを振ったらレストランのポタージュスープに変身する優れものです。ポタージュ以外にもポトフやミートソースパスタなどに彩と香りを添える名脇役と言えるのではないでしょうか。

先ほどのあらびきガーリックで作ったペペロンチーノに振ってもいいですよね。材料費数十円でお店の味が楽しめちゃいます!

【ガラムマサラ】

カレーに入れると、香りがひきたつスパイスです。そのまま舐めてみるとスパイシーなカレーの味がします。カレー粉の代わりにから揚げの下味に入れたり、鶏肉と白菜のクリーム煮に色づく程度に入れると、いつものクリーム煮が一風変わった風味になって美味しいんですよ。

筆者お気に入りの使い方は、お椀に盛ったみそ汁に2~3振り程度入れること。カレーとみそ汁って意外に相性がよく、スパイスの効果で代謝がアップするんです。本当は毎朝これを飲んでから一日の活動を始めたいくらい。

【ナツメグ】

これも肉料理に使われることが多いスパイスです。ちょっと甘さが引き立つのでキーマカレーやミートソース、ハンバーグやロールキャベツの具などのひき肉料理との相性がいいんです。またクリームソースやチーズとも合うので、シチューやグラタン、ドリアなどに少量入れると香り良く仕上がります。

またトーストにバターを塗ってナツメグをひと振りすると、食べたときのボリューム感がアップします。チーズを乗せて焼いてもおいしいです。手作りパンやクッキーの生地に少量入れるのもおススメ。

ただナツメグは使いすぎは禁物です。香りが立ちすぎて刺激的になります。でも体を温める効果があるので、冷え症の方や寒い冬にはうってつけのスパイスですね。

【バジル】

さすがに生のバジルの葉っぱに比べれば香りは減ってしまいますが、パスタとの相性はご存知の通り。ひと振りというよりはガンガン使った方が美味しいですね。100円ならぜんぜん惜しくない!

バジルのビンをまるごと1本使う勢いでオリーブオイルとニンニク、お好みで松の実をフードプロセッサーで混ぜれば、手軽にバジルソースも作れちゃいます。宅配ピザに振りかけながら食べるのもなかんかいいんですよ。

100円ショップのスパイス5選、いかがでしたか?本格的な家庭料理から、インスタントみそ汁に宅配ピザなど一人暮らしにもぴったりの100円スパイス。今度100円ショップに行ったときには是非スパイスコーナーを覗いてみてはいかがでしょうか?